ワキガは自分で治療できる

###Site Name###

脇から独特な臭いを発するのがワキガです。

これはアポクリン汗腺が通常よりも発達したことが原因と言われています。

ここから出る汗自体は臭いませんが、これが皮脂腺から出る脂肪酸と混ざることで、あの独特な臭いとなるのです。

多汗症治療情報選びをお手伝いするサイトです。

となるとワキガ治療にはこのアポクリン汗腺を取り除くのがベストと思われるかもしれません。



確かに、臭いの根源が亡くなればワキガに悩むことはないでしょう。

しかし脇以外の陰部などの臭いがきつくなったり、再発する恐れもあると言います。



剪除法であれば健康保険が使えることがあるので、格安に治療できますが、傷跡が残りますし、このように絶対に治るとは言い切れないのが現実です。
ワキガ治療は諦めるしかないのでしょうか。

実は病院に行かずとも、嫌な臭いとおさらばできる方法があるのです。
それが生活習慣、特に食生活の改善です。アポクリン汗腺から出る乳白色の汗自体は臭いません。

これが皮脂腺から出る脂肪酸と混ざって酸化するのが問題です。
つまり、皮脂の分泌を減らせばいいのです。もちろん皮脂は肌の保護という重要な役割を果たすので、全て取り去るのではなく、不要な分の分泌を抑えればいいのです。

それには食事を変えればいいのです。

ワキガの人の多くが、肉類や乳製品など動物性たんぱく質を好んで食べると言われています。

これらの食品に共通しているのが高脂肪ということです。

脂肪がたくさん含まれた食事をすることで、皮脂の分泌も増えるわけです。


そこで和食などのヘルシーな食事に変えることで、脂肪を無駄に摂取しなくなり、皮脂の分泌も正常になり、その結果臭いも減るのです。